日ごろからの書類整理が大切

>

注意しなければいけない処分方法

大まかに分けてしまう

書類を捨てる際になるべく早く終わるためには、一度大まかに分けると言うやり方が一番と思われます。

捨てても構わないもの、もう少し取っておいた方が良いもの、絶対にとっておかなければいけない書類、などのように大まかに最初に分けてしまうのです。
とっておかなければいけない書類は、約1年経った時にまだ本当に必要な書類なのか、考える必要があります。

そしてもう少し取っておいた方が良いものは、なぜ取っておいた方が良い書類なのか、考えそれも種類によって保管場所を変えることが大切です。
このようにひとまず分けてしまう方法は、書類整理の際、スムーズに作業を進められる方法として言えます。
なぜならその後の作業が本当に楽に進むからです。

シュレッターは絶対に

書類を整理して破棄するものが出てきた場合、一番困るのが捨て方の問題です。
書類の内容によっては、会社の情報や個人情報が書かれている場合は、絶対にそのまま捨てることはできないのです。

そのまま捨ててしまった場合、捨てた後、悪質なことに使われてしまう場合があるからです。
特に個人情報が流出してしまうと、後に会社の信用性も痛くなってしまう場合があるのです。
そのようなことを防ぐために、個人情報が記載されている部分を読むことができない状態にしないといけません。

そのためにはシュレッダーの機械にかけることが一番だと言われています。
一度シュレッダーにかけてしまうと解読することは100%不可能だと言われています。
手間がかかってしまいますが、情報が流出してしまうよりは良いと思われます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る